HOMEクオリスの実績不良品再利用搬送ラインの構築

クオリスの実績

不良品再利用搬送ラインの構築

お客様のニーズお客様は、24時間稼動のビニルフィルム製造工場。
製造過程で生じるB級品や不良品を、人手により溶解炉に再投入しておられました。炉の投入口は中2階にあり、非常に重い不良品をそこまで運び上げ、さらに真夜中の作業とも重なり、大変な重労働となっていました。また作業時間もかかり、本来の製造効率にも影響を及ぼしつつあると、困っておられました。
このため、作業者の安全性と労働環境の改善、作業時間の短縮を目的として、自動化を希望されていました。

導入事例
 不良品再利用搬送ラインの構築
お客様側では、作業者の負担を出来るだけ軽減するための不良品を投げ入れるだけで済むような低い位置のコンベアと、作業時間の短縮を目的に連続投入を可能にするための相当数のストック・スペースが必要であると考えておられました。
それを受けて、1階から2階への垂直搬送部分の空間を活用してストックを行い、2階では通路の確保のために自走式の電動トラバーサーを採用するなどし、お客様の全ての要望に応えることができました。

導入結果
中2階への原料受け渡し作業に作業員が必要なく、また連続投入が可能となったことで作業時間を短縮することができました。これにより、作業性と安全性の向上に繋がりました。
また垂直搬送部においては、搬送とストックを1台のモーターで行うことにより、安全性の確保とコストダウンを実現することができました。
担当者のコメント当初お客様が考えておられた構想とは、かなり違うシンプルなご提案になりましたが、結果として安全かつコストの安いソリューションをご提供することができました。
また、大変簡単な構造の機器ばかりで構成されているシステムであるため、アフターメンテナンスも非常に容易で、お客様に高い評価をいただいております。

関連事項 化学業界
コストダウン
省人化提案
生産ライン・ロジスティクスの全体最適


動画で見るクオリス
【本社/FOC大阪事業部】TEL:06-6458-6141
【FOC東京事業部】TEL:03-6417-0811
お問合せ


(C)Copyright 2009 Qualis Co., LTD. All Rights Reserved.