HOMEクオリスの実績コンベア搬送ラインおよびインケーサーの構築

クオリスの実績

コンベア搬送ラインおよびインケーサーの構築

お客様のニーズお客様は乳製品の製造工場。
液体食品加工物の包装形態を、従来の包装形態によるチルド管理から、常温管理できる無菌充填のピロー包装に変更することに伴い、充填ラインを変更することになりました。
そのため、液体包装品を傷つけることなく段ボールケースに供給する方法について、悩んでおられました。

導入事例
 コンベア搬送ラインおよびインケーサーの提案
充填包装された液体ピロー包装品をコンベアで搬送し、段ボールケースに投入。
パレタイザーまでのコンベア搬送ラインを導入しました。

導入結果
コンベアラインのガイドや、投入時の搬送方法に工夫を凝らしたラインにすることで、導入の際に懸念されていた、シワによる袋破れが発生することなくケースに自動供給することができました。
包装形態をピロー包装に変更したことによって、賞味期限を3週間から3ヶ月に延ばすことができ、冷蔵での保管が必要なくなりました。これにより常温輸送が可能になり輸送コストの削減ができました。
また、賞味期限が延びたことで工場での在庫管理や生産計画が立てやすくなり、賞味期限切れによる廃棄を減らすことができました。
担当者のコメント今回の提案では、「充填から段ボールケースに投入するまで」の袋破れの発生要因を分析し、何が原因で袋が傷つけられるのかを社内で議論・検討し、その要因を一つ一つ改善していくことで、袋破れのない搬送ラインを実現しました。
このように課題要因を分析し、お客様の問題解決のお手伝いをすることが、クオリスの存在意義であると考えます。

関連事項 食品業界
生産ライン・ロジスティクスの全体最適
品質の向上


動画で見るクオリス
【本社/FOC大阪事業部】TEL:06-6458-6141
【FOC東京事業部】TEL:03-6417-0811
お問合せ


(C)Copyright 2009 Qualis Co., LTD. All Rights Reserved.