HOME目的別サービス省人化に対してできること

クオリスの実績

食品業界

お客様のニーズ
どんな業界でもコスト削減や稼働率の向上は、大きな課題になっておられます。 クオリスでは、機械の導入や作業の合理化を図り、手間や労働力を効率良く運用することで、コスト削減だけでなく生産効率や稼働率の向上に貢献する提案を行っております。 省人化に対してできること

導入事例
製パン用油脂製品製造工場(パレタイザーおよびコンベアの構築) ボルト製造工場(パレタイズ・デパレタイズラインの構築) プラスチック製品製造工場  (プラスチックケースの採用およびパスボックスの導入)
『直行座標型』パレタイザーを採用することにより、狭いスペースでの設置を実現しました。 人力で行っていた作業を、ロボットに置き換えることで自動化し、無人で運用できるシステムを構築しました。 ケースの変更と生産現場のゾーンニングの提案で、異物混入の防止を実現しました。
加工食品製造工場(包装ラインの増設) 加工油脂製造工場(容器アンケーサーの導入) ビニルフィルム製造工場(不良品再利用搬送ラインの構築)
狭小スペースへのライン設置を可能にしたレイアウト提案により、自動化による生産能力の向上に貢献しました さまざまな制約の中で、最適なロボットの導入により、自動化による省人化を実現しました。 無人化を実現した自動化により、作業性と安全性の向上に貢献しました。
化粧品製造工場(リターナブルケースクリーン化システムの構築) 薬品製造工場(包装資材リデュースシステムの構築) 洗剤製造工場(屋外コンベアおよびソーターラインの構築)
物流センター(食品物流センターの新設構築)    

導入結果

省人化提案
食への安全性やコスト削減が求められている昨今、異物混入の原因となる「人が介在しない製造ライン」や、人件費削減など合理化へのご提案をいたします。

生産ラインの合理化
ユーザーニーズが多様化し、製品の切り替えサイクルが早く多品種生産が日常茶飯事となる昨今、長年培ってきた技術と一貫した製造ノウハウを駆使し、蓄積された豊富な経験で高稼働率の生産ラインを提供いたします。

入出荷作業合理化
製造コストの低減、生産効率の向上が求められている昨今、入出荷検品・ピッキング・棚卸など、物流倉庫内における作業の標準化および簡素化を実現し、ロット・有効期限・ロケーション等の物流管理水準向上を支援するソリューションのご提案をいたします。

オペレーション改善による生産性向上
現場の最前線は常に「生産性向上」「コスト削減」という課題に直面しています。弊社ではユーザー様の現状把握から問題定義をし、今までの固定観念にとらわれることなく解決へと導くご提案をいたします。
動画で見るクオリス
【本社/FOC大阪事業部】TEL:06-6458-6141
【FOC東京事業部】TEL:03-6417-0811
お問合せ


(C)Copyright 2009 Qualis Co., LTD. All Rights Reserved.